スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目・耳・足にも利き側が!【英語学習との意外な関係】

学びのしくみはシームレス


さて、曜日で英語と神経発達、身体感覚のお話を分けるのが早くも無理に感じられてきました。そもそも人間がこの世ですることはひとつづきにいろんな分野にまたがっています。特に教育、学習に関することを教える側の都合で小さな分野におしこめると学び手が迷惑します。これはいけません。



利き側、手だけじゃありません


ところで、利き側は手ばかりでなく、目・耳・足(そして脳)にもあるのですよ!そういえば、ボールを蹴るのはいつもこちら…重心は反対だ…と思いあたることでしょう。

利き側とそうでない側は「アリとキリギリス」のように働き者とサボる者のような関係ではありません。優秀なリーダーとそれを支える優秀な右腕(!)のような関係だと言われています。信長と秀吉…近藤勇と土方歳三…どうも違いますねえ。いい例はないですかねえ。(チャゲアス?)

さて、どちらがリーダーか決まっていないと、その都度どちらの手・足・目・耳を使うか決めなくてはなりません。自動的に「これはあなたね」と決まっている場合に比べると、ひと手間余分に働いているのに、成果も不本意なことが少なくありません。


お手軽に利き目を調べるには…


利き目を調べる方法もいろいろあって一長一短ですが、今日は道具不要の簡単な方法をひとつご紹介します。お友達と2人組で遊んでみてください。

①Aさんは顔の正面中央に両手の親指、人差し指を重ねてひし形の窓をつくります。
②この窓をだんだん小さくしながら、Bさんの鼻を眺めます。
(Bさんの立つ位置をいろいろ変えてもよいでしょう。)

ひし形窓から覗くよ

③Bさんは、ひし形窓からAさんのどちらの目が見えているか観察します。
その目が、そのときのAさんの利き目です。


生まれつき左利きだったなんて、30年以上知らなんだ!


私は生まれつき目・耳・手・足とも左利きだったらしいことに気付き、いろいろな霧が晴れたのはつい2,3年前のことです。

小さいころお箸で豆をつかむ練習などを右手でしていたら、知らないうちに右手利きになりました。目・耳・足の利き側のことなど考えもしませんでした。

でも思い当たることがあったのです。



さぼり左目利きのおかげで英語リーディングが苦手?!


いつもひどく不思議でした。日本人は英語を読んだり書けたりするのに聞いてもわからず、しゃべれないというではないですか。私は全く逆だったのです。難しいことも聴けば整理してあたまに入ったのですが、同じことを読もうとするとまるで勝手が違うのです。

確かに、音声に比べて、文字は音声に変換する手間が余分にかかるためでもあったのでしょう(日立フェローの小泉英明先生のご説明がわかりやすいです)。

でも、どう考えてもそれだけではありませんでした。英語を読むということが運動レベルでうまくいっていなかった…つまり目を動かせていなかったのです。

学生時代の私はそんなこと知りません。英語を読み始めると3行で寝てしまう自分を怠け者、アタマが悪い、体力がない、と責めました。アメリカ的な大学では英語のリーディングアサインメントを毎日山のように出されて途方にくれました。いろいろ変わった方法にも挑戦しました。いっとき面白い状態を味わえたりはするものの、どこか心の底でピンとくる「これだ!」という感覚はありませんでした。

利き目が左目で、しかもワガママで鼻から右側へはあまり行きたがらない(正中線を越えたがらない)ことを確認したとき、精神論で自分を責め、育ちの土台に忘れ物をしたまま新奇な方法に手をださなくてもいいんだ、とわかったのです。

さて、次回はどうしてモノグサな左目が英語を読むのに不都合なのか種明かしをいたしましょう。

トマティス博士の利き耳説はその次です。






スポンサーサイト

テーマ : 学びのサイエンス - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

lingua musica
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。