スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】英語独学したい大人を科学的アプローチで応援するワークショップ

先週末、花と緑のあふれる横浜山手でこんなワークショップを開きました。大人と学ぶと言う初めての試みに、すてきな大人の女性たちが集まってくれました。平日のまる一日を本当にありがとうございます。

独学


これまで、おそらく300回くらい、「どうして英語ができるようになったの?」と訊ねられました。私が通訳していたセミナーの休憩時間にたまたまトイレで一緒になって…なんていう場面もありました。でも、英語ができないことがご自分の勉強の足かせになっていることを本気で悔しがっておられる声が圧倒的でした。ことばで説明するくらいなら、実際に体験できる場と道具を作ろう、と思い、やっと第一回が実現しました。

「英語の独学を応援する」というタイトルの奥に私はある目的をはっきり感じていました。「めいめいが自分がすでに持っている宝に気付き、それを自分で使う」ということです。このことをはっきりと言葉で思うようになったのは福島の原発事故後のことです。私は相当な節電家です。でも、あの日以来、感じ方の次元が違うのです。たとえば、仕事の合間にちょっとコーヒーでも飲もうと電気やかんのスイッチを入れる時…、あたためなおすのに電子レンジをセットする時…こんなことのために電気を使ってよいものか…こんなに便利な道具ばかり使って、自分の手間をかけないでよいのか…と相当な抵抗を感じるのです。お湯は、木をこすり合わせて火を起こし、裏の畑に積んである枯れ木をもやして沸かすものだろう…と本気で思うのです。

自分という道具を使わずに、外にある便利なものを使っている時…もしかしたら、どこかから、自分のものにしてはならないものをもってきて自分のものにしているのではないか…そう思えてならないのです。そんな思いで英語学習業界を見ると、同じような傾向が見受けられました。

なぜか、英語学習「業界」では、ある方法が万人に有効であるかのように喧伝されることがしばしばです。そんな方法どうしの「こっちが本物!」のような比較と競争は実に興趣に欠けるもの。ひとはそれぞれに学び方も個性的。甲の薬は乙の毒とまではいかなくても、万能薬のような方法なんて眉唾物です。

「外」で作られた「方法」にあれこれ目移りするのではなく、「内なる宝」である自分の学習スタイルを知ることへと方向転換をおすすめしました。

そのために人間の学習優位感覚(視覚・聴覚・体感覚)という素晴らしい仕組みをお話しし、それを活かすエクササイズをいろいろ…お手玉を使って生き生きとしたリズムをつけたり…シャドウイングを録音したり…まあ、いろいろやりましたねえ!

科学的根拠のあるエクササイズほど、芸術になりうる、
とも実感しました!

素材はA King of All Irelandというユーモラスな民話の出だし。ワークショップの始めにCDで聴いたときには、ほとんど何を言っているかわからなかったのに、エクササイズの後では「なんだかゆっくりはっきり言い直してくれてるみたい!」なほどの変化がありました。身体を動かし、感覚を使って、自分という器をぴかぴかに磨いたみなさんの力です!

これからはオリジナルのストーリーテリング録画・録音を素材に、講座・教材を立体的に作ってまいります。人間の生きる、愛する、老いる、笑う、病む、悲しむ、死ぬ、に寄り添えるような内容のもののみ、ご紹介するつもりです。おつきあいいただければ幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

lingua musica
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。