スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクラーベで根競べ、銀の国のお百姓さんがお気楽教皇に?!

根競べのようなコンクラーベ終了!


5回の投票を経て新教皇が決まりました。

コンクラーベが鍵(clavis)のついた部屋という意味で、鎖骨clavicle、鍵盤楽器 clavichordと関連がある言葉だと前回ご紹介しました。鎖骨のどこが鍵なんじゃい?という質問をいただきましたが、昔のことを思ってみましょう。決してカードキーや穴に差し込んでぐるっとまわす鍵ではありません。かんぬきを思い浮かべてくださいね。


銀の国からお百姓さん


さて、新しい教皇はフランシスコ1世。アルゼンチンのお生まれで本名はホルヘさん。

アルゼンチンといえば元素記号のAg。argentつまり銀の国なのですね。日本でも「あるじゃん」という財テク雑誌を見かけたことがありますが…)。もし日本がみずから「黄金の国」をラテン語で名乗るとしたら、Aurum-inaアウラミーナとかなんとか言うのでしょうか。ちなみにジパング、ジャパンは「にっぽん日本」の中国読みから伝わったもの。

ホルヘさんはGeorgeのスペイン語版。「大地、農夫」を表します。geoがつけば地に関係あると思ってよいでしょう。geography地理学、 geology地学、geometry測地学(幾何学)。あのDVDレンタル屋さんのことはよくわかりませんが…

Georgeはいろいろな国に登場します。農業は普遍的な生業ですから、ごもっとも。ドイツ語ならゲオルグ、フランス語ならジョルジュ、イタリアではジョルジオです。日本でも所ジョージさん、山本譲二さん…?!

ホルヘさん、教皇名としてフランシスコ1世を名乗ることになりました。これまたヨーロッパ中にフランク、フランシス、フランソワ…とよく見かけるお名前です。もとは「フランク族の者」のことですが、フランク族だけがガリア地方唯一の自由民であったことから「自由な、おおらかな」という意味が加わりました。日本語で「フランクな人柄」なんていうとちょっと昭和な感じがしますがねえ。


アッシジの聖フランシスコに倣って


さて、11世紀ころから教皇の名前は聖人から選ばれることが殆ど。フランシスコ1世はフランク永井さんではなく、アッシジの聖フランシスコから名づけられました。中央集権化、世俗政治化した制度的教会を離れ、ゆがんだ社会からはじき出された人たちと共に生き、動物、植物、鉱物のすべてに創造主の思いを感じた方、と私は受けとめています。

映画「ブラザーサン・シスタームーン」の英語の主題歌のもととなった聖フランシスコの「被造物の賛歌 Laudes Creaturarum」をご紹介…と思って久しぶりに全文を読んだのですが、今週前半に訪れた福島の風景、こお2年の事情と重なり…しばらく時間をとることにします。ネット上にはイタリア語、英語、日本語の訳も出ていることでしょう。

では、Buon weekend!
スポンサーサイト

テーマ : 語源でニュース深読み - ジャンル : ニュース

コンクラーベと鎖骨とピアノ

ローマ教皇ベネディクト16世の退位にともない、
教皇選挙をさすコンクラーベという言葉を
たびたび耳にします。


「ローマ教皇選挙がなんで『根競べ』?!」
枢機卿の皆さんには根性も必要でしょうが…


まさかそんなわけはありません。

今日は神経可塑性と外国語習得のテーマを
ちょっと後回しにして語源のお話により道します。


実はコンクラーベではなくてコンクラー「ヴェ」なんです。
これはラテン語のcum clavisに由来します。


cum は「共に、ついている」
clavisは「鍵、かんぬき」という意味で
「鍵つき」部屋を表します。



昔むかしの教皇選挙が紛糾し、
業を煮やした民衆が選挙人である枢機卿たちを
部屋に閉じ込めて鍵をかけ
「ちゃんと決まるまでは出てきちゃダメ」
としたのがコンクラ―ヴェの起源とされています。


女子パウロ会の教皇選挙解説はここをクリック


さて、cumはcon(m)と母音を代えて英語に入って
来ました。


例えばcompany。会社、と思い浮かびますが、
もともとは一緒にパンをたべる仲間のこと。
会社はそういう仲間と運営するものなのですね。
いまではcomも出世したもので、
ネット上はパン抜きの「.com」だらけです。


さて、clavisはそのままでは英語では
あまり見かけません。

鍵のような日常品は南欧からラテン語を
輸入するまでもなく

caegというゲルマン語系の名前が
もうちゃんとついていましたから。


その代わり忍び込んだのが医学と音楽の世界。


clavicle「小さな鍵、かんぬき」と呼ばれるのは…
鍵骨…ではなくて、鎖骨です。


250px-Clavicle_-_anterior_view.png



そして、弦に直接触れずに、「clavis 鍵、かんぬき」を
動かして叩いたり弾いたりするのが「鍵盤」楽器、
クラヴィーアclavierというわけです。

DSC01904_web2.jpg


これをゲルマン的に言えばkey boardですから
これを書くために私がいま指を走らせているのも
クラヴィーア、ということになりますね。



ちなみにご高齢とご心労で退位なさった
ベネディクト16世。Benedictは
bene「良い・善い」+dict「ことば」から
成り立っています。
「賛歌・祝福」と訳されることが多いようですが
語源をふりかえると「祝詞」(のりと)なんて
言ってみたくなります。

ああ!語源の話はつきません~。


テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

目・耳・足にも利き側が!【英語学習との意外な関係】

学びのしくみはシームレス


さて、曜日で英語と神経発達、身体感覚のお話を分けるのが早くも無理に感じられてきました。そもそも人間がこの世ですることはひとつづきにいろんな分野にまたがっています。特に教育、学習に関することを教える側の都合で小さな分野におしこめると学び手が迷惑します。これはいけません。



利き側、手だけじゃありません


ところで、利き側は手ばかりでなく、目・耳・足(そして脳)にもあるのですよ!そういえば、ボールを蹴るのはいつもこちら…重心は反対だ…と思いあたることでしょう。

利き側とそうでない側は「アリとキリギリス」のように働き者とサボる者のような関係ではありません。優秀なリーダーとそれを支える優秀な右腕(!)のような関係だと言われています。信長と秀吉…近藤勇と土方歳三…どうも違いますねえ。いい例はないですかねえ。(チャゲアス?)

さて、どちらがリーダーか決まっていないと、その都度どちらの手・足・目・耳を使うか決めなくてはなりません。自動的に「これはあなたね」と決まっている場合に比べると、ひと手間余分に働いているのに、成果も不本意なことが少なくありません。


お手軽に利き目を調べるには…


利き目を調べる方法もいろいろあって一長一短ですが、今日は道具不要の簡単な方法をひとつご紹介します。お友達と2人組で遊んでみてください。

①Aさんは顔の正面中央に両手の親指、人差し指を重ねてひし形の窓をつくります。
②この窓をだんだん小さくしながら、Bさんの鼻を眺めます。
(Bさんの立つ位置をいろいろ変えてもよいでしょう。)

ひし形窓から覗くよ

③Bさんは、ひし形窓からAさんのどちらの目が見えているか観察します。
その目が、そのときのAさんの利き目です。


生まれつき左利きだったなんて、30年以上知らなんだ!


私は生まれつき目・耳・手・足とも左利きだったらしいことに気付き、いろいろな霧が晴れたのはつい2,3年前のことです。

小さいころお箸で豆をつかむ練習などを右手でしていたら、知らないうちに右手利きになりました。目・耳・足の利き側のことなど考えもしませんでした。

でも思い当たることがあったのです。



さぼり左目利きのおかげで英語リーディングが苦手?!


いつもひどく不思議でした。日本人は英語を読んだり書けたりするのに聞いてもわからず、しゃべれないというではないですか。私は全く逆だったのです。難しいことも聴けば整理してあたまに入ったのですが、同じことを読もうとするとまるで勝手が違うのです。

確かに、音声に比べて、文字は音声に変換する手間が余分にかかるためでもあったのでしょう(日立フェローの小泉英明先生のご説明がわかりやすいです)。

でも、どう考えてもそれだけではありませんでした。英語を読むということが運動レベルでうまくいっていなかった…つまり目を動かせていなかったのです。

学生時代の私はそんなこと知りません。英語を読み始めると3行で寝てしまう自分を怠け者、アタマが悪い、体力がない、と責めました。アメリカ的な大学では英語のリーディングアサインメントを毎日山のように出されて途方にくれました。いろいろ変わった方法にも挑戦しました。いっとき面白い状態を味わえたりはするものの、どこか心の底でピンとくる「これだ!」という感覚はありませんでした。

利き目が左目で、しかもワガママで鼻から右側へはあまり行きたがらない(正中線を越えたがらない)ことを確認したとき、精神論で自分を責め、育ちの土台に忘れ物をしたまま新奇な方法に手をださなくてもいいんだ、とわかったのです。

さて、次回はどうしてモノグサな左目が英語を読むのに不都合なのか種明かしをいたしましょう。

トマティス博士の利き耳説はその次です。






テーマ : 学びのサイエンス - ジャンル : 学校・教育

クラス最悪の運動神経、という恵み

(木曜は身体感覚メインでご紹介。
今日はごあいさつ的ですが)


思いがけないライフワークが、悩みや寂しさとして
幼いころに種蒔かれていることもあるように思います。


小学生のころ、私に蒔かれた種は
クラスで最悪の運動神経



ドッジボールは取れない、投げられない
跳び箱には座ってしまう
かけっこはビリ


何度繰り返し練習しても
なかなかできるようになりません。
身体はちっともいうことを聞きませんでした。
クラス全員の前で恥をかかせ続ける自分の身体が
ポンコツ車のようで、どれほど忌々しかったことか!

どういうわけか9才のころから
宗教、アチラの世界に惹かれやすかったのも
このズタ袋から早く出てしまいたかったからでしょう。


私はみっともない。
周りはみんな私をみっともないと思っている。
こんなんじゃだめ。


常にそう信じていました。


でも、4年生のとき
担任のアキオ先生が母にこう言ったのです。
「ユキコの体育、
成績表につける点は2になってしまうけど、
あのがんばりには
僕は5をあげたい
と思っているんです」


いっぺんに力が抜けて涙が出てきました。
アキオ先生はわかってくれている…!
自分でとった100点のテストよりうれしかったのです。
(ちなみに、帰りの会で
「日本全国酒飲み音頭」を歌おうと
学級会で決まってもOKな先生でした。
1週間確かに毎日歌いました。でもちょっと飽きた。)


紆余曲折を経て、初めての留学から21年後、
再びイギリスで学ぶことになりました。
21年前は中世英文学と演劇、
今度はINPPという研究所で反射をベンチマークとした
神経・運動発達ですから、
まるで畑違いに見えるかもしれません。
でも私は共通する軸をはっきりと感じていたのです…。


神経・運動発達というとなんだか難しそうですが、
こまごまとした事柄をつなげて
アニメのように思い浮かべると…美しいのです。
人はなんて素晴らしく創られているのだろう!
と感嘆します。

子どもたちの「わけのわからなかった振る舞い」が
意味のあるカラダコトバとして聞こえてくるのです。

それは、初めはわけのわからない英詩から
ひとつの世界が立ち上るのと似ています。
情報ではなく象徴の世界のようです。


私の運動神経がクラス最悪だった理由も見当が付き
初めて幼いころの自分を理解した気がしました。

悪かったのは運動神経ではなく、
感覚(神経)だったのです。
おさぼりを決め込んでいたのは目、
過敏だったのは触覚…でもそのおかげで
耳がとても働きものになりました



(この背景にはどうもATNR非対称緊張性頚反射、STNR対称緊張性頚反射そして両生類反射と呼ばれる反射一味のオイタもかかわっているようですが、それはまたのお楽しみ。)


みっともない私をがんばっていると見たアキオ先生。
先生はどんな目をしていらしたので、
そんなふうに見えたのでしょう。


そんなことを思いながら、子どもの姿勢や行動を
カラダコトバとして受信できる大人の輪が広がることを
願っています。


今年はいろいろやりますぞ。

テーマ : 発達障害 - ジャンル : 学校・教育

中高大、英語を10年も勉強したヒトなんていない

日本人は中高大と10年間英語を勉強するのにちっとも話せない、と言われます。それって本当?


公立中学の英語の時間数は週に4時限とすると年間140時限、3年間で420時限。高校も同様とすると、公立中高6年で840時限になります。1時限50分で換算すると700時間に相当します。そのうち先生が日本語で説明している時間が半分とすると、英語に触れている時間はわずか350時間。大学の必修英語が中高と同じ割合で続いたとして、大目に見ても中学から通して合計たったの600時間です。塾や家庭教師を含めるとしても、とても10年には及びません。


10年は大げさとしても、ある言語が自分なりに使えるようになるには最低接触時間が1000時間は必要という説があります。また、3歳になるまでに子どもは母語を3000時間聴いているとも言われます。10年かけて600時間では間延びしてスカスカ、お話になりません。

つまり、まだ日本人の多くのみなさんは、英語を学びはじめてさえいないのです。
10年もやってダメだった、なんて落ち込む必要はちっともありません。


さて、独学したい大人のみなさんにおすすめしたいのが、3か月以内100時間聴破です。この方法を提唱なさるのは浜松医科大元教授の植村研一先生。植村先生は検定外教科書Progress 21制作にあたり、音声教材の活用方法を神経科学の観点からご指導くださいました。

先生によれば、3か月以内に100時間、英語のネイティブが自然に自分の考えを話しているスピードのものを聴くと、日本語一色だった脳のウェルニッケ野に英語の中枢が分化するそうです

大切なのは英語のみの音源を使うこと。
日本語が混じっていると、すでに出来上がっている日本語中枢だのみになりがちで、英語中枢が確立されにくくなります。


言語中枢分化は何か国語でも何歳になっても大丈夫だそう。小さいうちから慌てることはありません。神経の可塑性に乾杯、思い立ったが吉日です。

便利な世の中になりました。CDとテキストで1000円余り。ラジオに張り付いてFENを聴いていたのが大昔のようです。
100万語 [聴破] CDシリーズ4 CNN日本スペシャル (100万語聴破CD CNN編 4)100万語 [聴破] CDシリーズ4 CNN日本スペシャル (100万語聴破CD CNN編 4)
(2004/01/17)
CNN English Express編

商品詳細を見る
生の録音CDと英日テキストがついて1000円台!言語中枢分化にうってつけです。


臨界期?それは次回お話しましょう。


テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

lingua musica
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。